【怪獣8号】最強ランキング25選!解放戦力や怪獣の強さを徹底詳解【2024最新】

当ページのリンクには広告が含まれています。
【怪獣8号】最強ランキング25選!怪獣の強さや人間の解放戦力も解説!

本記事では、【怪獣8号】最強ランキング25選!解放戦力や怪獣の強さを徹底詳解【2024最新】というタイトルでお届けします。

web漫画少年ジャンプ+で連載中の看板作品で2024年4月にアニメ化され益々人気に火をつけた「怪獣8号」。

本作は怪獣の解体業者として働くカフカが防衛隊志望のレノと出会い、自身の目標を思い出し一緒に防衛隊として怪獣討伐に奮闘するバトル漫画です。

日常回はコメディ要素もありつつ、リシアスな戦闘シーンでは各キャラの強さが描かれ魅力が満載!

そんな怪獣8号の登場人物の強さを比較した最強ランキングを発表します。

エリル

アニメ2期の制作も決定したところで誰が1番強いのか確認しましょう!

ゼリス

生死を問わず、解放戦力とフォルティチュードなどをもとにランキングしたぞ!

目次

【怪獣8号】キャラの最強ランキング14選【人間/解放戦力】

順位名前
1位鳴海弦
2位四ノ宮功
3位亜白ミナ
4位保科宗四郎
5位四ノ宮キコル
6位四ノ宮ヒカリ
7位市川レノ
8位長谷川エイジ
9位東雲りん
10位古橋伊春
11位出雲ハルイチ
12位神楽木葵
13位小此木このみ
14位水無瀬あかり

人間部門の強さランキングは上記の通りです。

防衛スーツの力を最大限に引き出す目安の解放戦力をもとに作成したので、隊長クラスが上位にランクインしています。

識別怪獣兵器の適合者も強さの証明になるので、隊長以下もナンバーズ使用者は上位に入りました。

エリル

鳴海隊長と四ノ宮元長官の順位は悩みましたが、現在の最強ランクということで鳴海隊長が1位になりました!

ゼリス

解放戦力は一般隊員で20%〜30%で、隊長クラスで90%以上引き出せるぞ。最近のトレンド漫画の中でも本作はメインの登場人物で死亡者が出ていないのも魅力だな!

【怪獣8号】キャラの最強ランキング11選【怪獣/強さ】

順位名前
1位怪獣9号(四ノ宮功吸収後)
2位怪獣8号
3位怪獣9号(進化体)
4位怪獣10号
5位怪獣11号
6位怪獣2号
7位怪獣9号(進化前)
8位怪獣12号
9位怪獣15号
10位怪獣13号
11位怪獣14号

最強の怪獣はやはり四ノ宮功を取り込んだ怪獣9号となりました。

続く2位はもちろん主人公で防衛隊の戦力の要である日比野カフカこと怪獣8号。

大怪獣の中でも隊長クラスが苦戦を強いられた猛者がランクインしました。

人間の言葉を話せたり知能をもつ識別怪獣の戦闘力は、普通の怪獣とは比べ物にならない強さを持っていることがわかります。

エリル

すでに撃破されている怪獣もいますが、戦闘は壮絶なものでしたね。

ゼリス

大怪獣は共通して再生能力を持っているから厄介だな。9号が生み出した怪獣はさらに知性を持っていたり記憶を共有している者もいて強敵だったな!

【怪獣8号】キャラの最強ランキング25選【全体】

全体ランキングの1位もラスボス、怪獣9号となりました。

続く2位は怪獣9号を倒せる唯一の存在と言われている怪獣8号がランクイン。

鳴海vs8号の展開を予想して順位付けをしなくてはいけませんが、どちらも負ける想像がし難い強キャラです。

8号は歴史に残るとまで言われていますので現状9号を倒していない防衛隊では8号討伐も現実的ではないと考えられます。

以上のことも踏まえて、総合ランキングを作成しました。

それぞれのキャラを解説していきます。

ゼリス

最新話では亜白ミナが復活!カフカとミナが共闘して怪獣9号と戦っているぞ!

全体1位:怪獣9号(四ノ宮功吸収後)

引用:公式X
初登場1巻6話
フォルティチュード6.4→8.5→不明
能力再生、擬態、分身、衝撃波、死体操作

怪獣9号は物語最大の敵かつラスボスで、四ノ宮功を吸収してから最新話時点で堂々の1位の強さを誇示しています。

初登場時のフォルティチュードは6.4で、相模原掃討作戦で8.5に上昇、功を吸収した現在の数値は不明ですが8号を超える10近くの数字が出てもおかしくありません。

学習能力に長けているため、さらに強くなってカフカたちの前に立ちはだかる可能性が大きいです。

再生能力に優れ、繰り返し行うことで自己進化を遂げるので非常に厄介な敵となっています。

エリル

きのこ頭が特徴ですね。10号から15号までを生み出し防衛隊を苦しめました。

全体2位:怪獣8号(日比野カフカ)

引用:公式X
初登場1巻1話
フォルティチュード9.8
能力強靭な筋力、再生、咆哮

怪獣8号は、主人公のカフカが「ミツケタ」という幼獣に寄生されたことで怪獣化した姿です。

フォルティチュードは9.8で、歴史に残ると言われるほどの大怪獣で即座に識別怪獣になりました。

大怪獣を2回殴っただけで粉砕する強靭な肉体、雄叫びを上げ9号の衝撃波を無効化する咆哮、四肢を失っても再生するなど脅威のスペックの持ち主。

現在では怪獣と人間を自由に切り替えますが、カフカが8号へ変身を続けると人間に戻れなくなる可能性があると断言されています。

ゼリス

ちなみにカフカは解放戦力は1%だ!主人公だからチート級の能力は持っているが完全に扱いきれていないな。鍛錬によって確実に成長しているから9号を倒せる唯一の存在だ!

ミツケタがカフカの体内に入った理由がやばい!

全体3位:鳴海弦

引用:公式X
初登場5巻38話
解放戦力98%
専用武器RT-0001(識別怪獣兵器1)GS-3305

鳴海は第1部隊隊長で、圧倒的な解放戦力を誇り現時点で日本最強と言われています。

専用武器RT-0001はレティーナと呼ばれる怪獣1号の網膜から採取して作られた兵器で、電気信号による未来視が可能です。

GS-3305という銃剣タイプの武器を使用し、斬撃を与えた上で内部から破壊する攻撃をします。

また識別怪獣兵器1の適合者で怪獣11号との戦闘中に性能を開花させ、擬似的だった未来視が文字通り次の現象を予知する未来視を可能にしました。

エリル

ビジュがいいですよね!鳴海隊長は開放戦力と表記されるのは、自身の意思で戦力を全開放したからと考察されていますね。

ゼリス

日本最強とは裏腹に性格は若干の変わり者でかなりのゲーマー。散らかった部屋でエゴサもする意外性があるぞ!

全体4位:怪獣9号(進化体)

初登場1巻6話
フォルティチュード8.5(当時)
能力分裂

相模原相当作戦後、9号は一時は姿をくらましていましたが、脱皮を経てパワーアップして進化しました。

9号は品川区で大量虐殺を図り、α、γ、βの3体に分裂すると防衛隊を襲撃しました。

3体はそれぞれ、αが四ノ宮功の識別怪獣兵器2の奪取、βが鳴海と交戦し識別怪獣兵器1の奪還、γが8号の殺害を目的に防衛隊員らと戦闘。

本体であるαは四ノ宮功との戦闘に勝利し吸収したことで現在の最強の怪獣になりました。

全体5位:四ノ宮功

引用:公式X
初登場1巻7話
解放戦力不明
専用武器FS-1002(識別怪獣兵器2)

日本防衛隊の元長官の四ノ宮功はキコルの父で、防衛隊最強の男とも呼ばれた識別怪獣兵器2の唯一の適合者です。

専用武器は両腕に装着するガントレットタイプの武器。

打撃と同時に電磁波を放ち相手を吹き飛ばす超パワータイプの武器で最も簡単に怪獣を討伐してきました。

その攻撃力とスピードが最たる強みで、隊式格闘術と怪獣2号が得意としたソニックブームを用いて戦いますが、9号との出来等の末に吸収されています。

エリル

解放戦力は判明していませんが、鳴海の解放戦力が98%だから97%くらいでしょうか?100%でもおかしくありませんね。

全体6位:亜白ミナ

引用:公式X
初登場1巻1話
解放戦力96%
専用武器T-25101985、伐虎

カフカの年下の幼馴染で、第3部隊の隊長を勤める本作のヒロインである亜白ミナ。

防衛隊屈指の狙撃手で巨大な機関砲ケラウノスを使用した砲撃で怪獣と討伐します。

近距離戦が得意な第3部隊のなかで唯一の狙撃ができ遠距離からの攻撃が可能です。

作中では、約20キロ先の怪獣を狙撃し防衛隊を救ったことも。

刃物の扱いと接近戦は苦手ですが、大型怪獣の討伐は鳴海以上とも言われる次期師団長候補です。

エリル

9号に狙われて取り込まれそうになってもカフカと防衛隊を信じて戦う姿はかっこいいいですね!

全体7位:怪獣10号

引用:公式X
初登場3巻24話
フォルティチュード8.3(巨大化時9.0)
能力回復、人間の言葉が話せる

立川基地を襲撃してきた戦闘狂いの怪獣10号は第3部隊の保科によって討伐されました。

9号によって製造されたプロトタイプで、人間の言葉が話せる上にプライドが高く、翼竜怪獣を従わせるカリスマ性を持ち合わせた厄介な怪獣でした。

頑丈な作りで、保科の6式八重討ちをまともに受け八つ裂きにされても倒れずに急速な回復を見せ、保科を苦しめました。

死亡を免れた10号は自らナンバーズ入りを提案し、現在は保科が適合者としてともに戦っています。

全体8位:怪獣11号

引用:公式X
初登場9巻
フォルティチュード9.0
能力水を操る、人間の言葉を話す、四ノ宮功の記憶

怪獣11号はvs鳴海弦用に9号によって作られた水を自在に操る戦闘をする怪獣です。

予測不能な水の攻撃で鳴海の擬似的な未来視を封じ、功の記憶を使って鳴海の動きを読み圧倒させました。

しかし本物の未来視を成功させた鳴海に敗北します。

水の能力は遠距離、近接と両方の戦闘に強いことがこの戦いでわかりました。

全体9位:怪獣2号

引用:公式X
初登場4巻35話
フォルティチュード不明
能力レーザー?

怪獣2号は四ノ宮功が適合者としてナンバーズ2の装備となった怪獣です。

ナンバーズの圧倒的な攻撃力の高さから上位にランクインしました。

2号は街を破壊寸前に追い込み、息絶えるまで屈しないプライドの高い怪獣だったと言われています。

功はナンバーズ2を装備し高出力のレーザーを放ち、9号との戦闘では9号を貫通してビルを粉々にした凄まじい破壊力を見せました。

ゼリス

生前の戦闘能力も高かったであろうと想像できるな。

全体10位:保科宗四郎

引用:公式X
初登場1巻4話
解放戦力92%
専用武器識別怪獣壁10、SW-2033

保科は由緒ある討伐一家の生まれで、第3部隊の副隊長を務めています。

専用武器は2本の短刀で、刀の扱いが苦手な第3部隊隊長の亜白に変わり、スピードと高い正確性を武器にした近接戦が得意です。

近接戦法では防衛隊最強とも言われていますが、銃の扱いは苦手という一面も。

10号との適合は最初こそ迷いはありましたが、運命を共にした対12号戦で死闘の末に戦いが楽しいという気持ちを10号に見透かされていました。

エリル

1回目の人気キャラ投票では堂々の1位に輝きましたね!ムードメーカー的存在なのに戦闘では強くてかっこいいシーンもあるので納得です!

ゼリス

天才と言われる兄の宗一郎は、宗四郎が幼少期に手合せの度に成長する姿に恐怖感じていたと漏らしていたな。雑魚と煽られて今の強さがあるのかも?この兄弟は音信不通らしいぞ。

全体11位:怪獣9号(進化前)

初登場1巻6話
フォルティチュード6.4
能力擬態

9号が3体に分身する前の最初の姿のフォルティチュードは6.4でした。

当初の9号は防衛隊試験に侵入し四ノ宮キコルを攻撃、古橋伊春、市川レノも圧倒したところで怪獣8号が登場し戦闘になるも打ちのめされ隙をついて逃走しました。

破壊的な大怪獣というよりは、人間に擬態し目的のために周到に準備をする策略家。

怪獣に並外れた知性を持ち、防衛隊との戦闘を経て強くなっていきました。

全体12位:怪獣12号

引用:公式X
初登場9巻68話
フォルティチュード9.0
能力剣技

プロトタイプだった10号の完成品で、近接戦闘に特化しvs保科用に作られた怪獣です。

10号を上回る威力とスピードを持ち合わせ保科を圧倒しました。

戦闘センスがずば抜けていて、保科の剣術も一度見ただけで真似てしまうほど剣術に優れています。

しかしその行為が保科の逆鱗に触れ、識別怪獣兵器10の力を引き出した保科に敗北しました。

全体13位:四ノ宮キコル

引用:公式X
初登場1巻3話
解放戦力94%
専用武器識別怪獣兵器4、03x-0112

防衛隊元長官の功の娘で、カリフォルニア討伐大学を16歳にして主席で卒業する脅威の天才少女。

解放戦力は入隊前で46%あり、現在では隊長クラスの94%を叩き出しています。

亡き母親ヒカリの遺志を継ぎナンバーズ4の適合者で、戦闘時にはヒカリが使用してた際の理想的な動きを可能にしました。

怪獣15号の精神攻撃をものともしないメンタルの強さも持っています。

専用武器は大きな斧で、隊式斧術を使い怪獣を討伐した後、防衛隊に入隊し技術面も精神面も成長を遂げました。

エリル

初登場時はカフカを見下している様子でしたが、徐々に認め、防衛隊へも仲間意識が強くなり心も成長しましたね。

ゼリス

精鋭揃いの第1部隊でいい刺激を受けたんだな!

全体14位:四ノ宮ヒカリ

引用:公式X
初登場6巻44話
解放戦力不明
専用武器識別怪獣兵器4

四ノ宮ヒカリはキコルの母親であり、元々、防衛隊の第2部隊隊長を務めていましたが、怪獣6号との戦闘ですでに死亡しています。

飛行能力を持つ最速のナンバーズ4の前任者でもあり、歴代の隊長の中で最も多く怪獣を討伐してきました。

詳しい戦闘方法は不明ですが、槍のような専用武器を使用していたと言われています。

解放戦力も判明していませんが、キコルがヒカリに並んだと言われているので93%くらいだと予想できます。

エリル

戦場のワルキューレとも呼ばれるほどの実力者だったそうですね。キコルの憧れです!

ゼリス

ヒカリの死を受けて功はさらにキコルを厳しく育てる様になったが、それはヒカリがキコルを厳しく育てると決めていたからなんだな!

全体15位:怪獣15号

引用:公式X
初登場9巻68話
フォルティチュード9.0
能力人間の言葉を話す、精神攻撃、衝撃波

怪獣15号は功の記憶を元に作られたvsキコル用の怪獣で見た目もキコルそっくりに変化しています。

ビルを簡単に破壊する光線はナンバーズ4のシールドも破壊する威力を持っています。

体を自由に変形させることも可能で、腕を伸ばして遠くにいる者にも攻撃が可能。

解放戦力84%のキコルに対して、記憶を覗き精神攻撃をしてきましたがキコルの精神の強さに圧倒されました。

全体16位:市川レノ

引用:公式X
初登場1巻1話
解放戦力8%→18%→51%
専用武器識別怪獣兵器6

省エネモードな見た目とは裏腹に仲間思いで怪獣討伐に強い意志を持っている市川レノ。

カフカの相棒で、入隊前にカフカに救われたことで自身のヒーローとして憧れも抱いています。

亜白が9号に取り込まれそうなピンチに駆け付けたいカフカを、各地で大怪獣が増殖し足止めされていた時にナンバーズ6と適合しカフカをサポートしました。

カフカに背中を預けられ、さらに自信をつけたレノの今後の成長にも期待です。

エリル

ナンバーズ6の特徴は凍結能力で、大量発生した大怪獣を一瞬で凍らせ機能停止にしましたね。

ゼリス

入隊時は突出したものはなかったが、隊長クラスになる可能性が高いと評価を受けていたな!任務のたびに成長を遂げているから秘めた才能があるやつなんだ!

全体17位:怪獣13号

引用:公式X
初登場9巻68話
フォルティチュード9.0→9.2
能力高速で走る

13号は9号に似た見た目で、初登場しは高速道路を走り自動車と並走していました。

さらに加速すると太ももが肥大化しフォルティチュードも9.2まで上昇。

攻撃方法は素手で殴るのみで人間の言葉は話さない脳筋タイプです。

討伐に向かった第1部隊の東雲りんが戦いますが、応援にきたカフカに一撃で倒され退場しました。

ゼリス

9号に似てる割にはただ走るってだけで知能が低いことがわかるな。

全体18位:怪獣14号

引用:公式X
初登場9巻68話
フォルティチュード9.0
能力シールド、空中移動、炎を噴射

14号も9号に作られた怪獣で、手足はなく東西南北に4つの顔を持つ特徴があります。

強力なシールドを纏い4つの顔から炎を噴射して攻撃、空中を不規則に移動するため狙撃が困難で防衛隊を苦しめました。

人間の言葉は話せず、思考もしないので知能はないと言えるでしょう。

亜白ミナのケラウノス一発で討伐されました。

エリル

9号に作られた怪獣の中ではあっさり討伐されましたね。

全体19位:長谷川エイジ

引用:公式X
初登場5巻39話
解放戦力不明
専用武器不明

長谷川エイジは第1部隊の副隊長で見た目どおりの真面目な性格をしています。

戦闘では主に鳴海のサポートがメインで、司令塔としても活躍。

鳴海が前線で戦えるように、第1部隊の影の立役者とも言える立ち回りをすることが多いです。

討伐の際はナイフを使って戦闘するシーンが描かれています。

ゼリス

戦闘シーンが少ないため解放戦力は未知数だが、第1部隊の副隊長なのでそれなりの数字は出そうだな!

全体20位:東雲りん

引用:公式X
初登場5巻39話
解放戦力73%
専用武器不明

東雲りんは、鳴海からの信頼を得て精鋭揃いの第1部隊の小隊長を務める実力者。

キコルの入隊後に育成を任されていることから、当時のキコルとほぼ互角の強さはありそうです。

大きなガトリング銃を使って戦闘、間合いの取り方が優れていると評価を受けています。

鳴海の強さに強い憧れを抱き、怪獣13号討伐時には「死にたくない」と鳴海を思い出したところでカフカに救われました。

エリル

キコルとは訓練で意気投合して結構気に入ってるみたいですね!ライバル心もあってお互いいい刺激になったんですね。

全体21位:古橋伊春

引用:公式X
初登場1巻4話
解放戦力14%→42%
専用武器瞬間適合者(フラッシュアダプター)

熱血漢でムードメーカー的な存在の古橋伊春は、カフカたちの同期で第4部隊に所属しています。

実力にムラがあると言われていましたが、脳の構造上、完全解放状態を維持できない瞬間適合者だと判明。

この瞬間だけ解放戦力が常時の2倍の42%の力を発揮します。

ゼリス

中学時代に怪獣災害に巻き込まれ亜白に救われたことで防衛隊を目指したそうだ、八王子討伐高専を主席で卒業する実力があるぞ!

全体22位:出雲ハルイチ

引用:公式X
初登場1巻4話
解放戦力18%→36%
専用武器AW-0027

東京討伐大学を主席で卒業したエリートで、キコルに次ぐ成績で入隊した注目株と言われた1人。

四ノ宮キコルが別格なので目立ちにくいですが、同期の中ではトップクラスの実力を示しています。

ハルイチは対怪獣兵器製造の最大手「出雲テックス」の御曹司ですが、鼻にかけることなくお茶目で仲間思いな性格です。

出雲テックスを継がずに防衛隊入りしている理由は家の都合と言っていますが、具体的には明らかになっていません。

エリル

武器は大きな弓で、毒を仕込んでいる弓矢で怪獣にとどめを刺します!

全体23位:神楽木葵

引用:公式X
初登場1巻4話
解放戦力25%
専用武器不明

神楽木葵は陸自の若手ホープと評価を受けていましたが、亜白ミナに憧れ防衛隊に編入。

自衛隊で鍛えられた肉体では、選抜入試の体力測定で1位の成績を残しました。

出雲ハルイチとはライバル関係にあり、張り合いながらも互いに刺激し合って成長しています。

物静かな性格にも見えすが、淡々とした物言いが印象的なキャラです。

エリル

褐色に短髪でモテそうなタイプですよね。

ゼリス

ライバル関係のハルイチとの息のあった連携プレーがアツいな!

全体24位:小此木このみ

引用:公式X
初登場1巻5話
解放戦力不明
専用武器不明

小此木このみは丸メガネが特徴の第3部隊オペレーター部隊のリーダーです。

戦況報告や怪獣や隊員たちの分析をすることで戦闘のサポートを行う仕事をしています。

保科vs怪獣12号戦ではナンバーズ10の使用をバックアップしながら戦況を見守りました。

保科とナンバーズ10の同調率が下がるにつれて保科の解放戦力が上がることに混乱しますが、保科の勝利に安堵し皆で喜びました。

全体25位:水無瀬あかり

引用:公式X
初登場3巻22話
解放戦力不明
専用武器不明

水無瀬あかりはカフカらの同期で第3部隊に所属しています。

戦闘シーンは少なく、怪獣の立川基地襲撃の際には怪我人のサポートなど後方支援に奔走したシーンが描かれました。

これまでの登場回数が多くないのにも関わらずそのルックスから読者に人気の水無瀬。

前線で戦闘を繰り広げるタイプではないですが、今後も隊員らのサポート役としての登場が期待できそうです!

【怪獣8号】最強ランキング25選!解放戦力や怪獣の強さを徹底詳解【2024最新】|まとめ

今回は、【怪獣8号】最強ランキング25選!解放戦力や怪獣の強さを徹底詳解【2024最新】と題してお送りました。

ここまでの内容を簡単にまとめます。

本記事のまとめ
  • 【怪獣8号】最強ランキング決定!総合1位は四ノ宮功を吸収した怪獣9号
  • 防衛隊の強さ1位は解放戦力トップの鳴海弦
  • 怪獣8号となったカフカが9号を討伐できる唯一の存在
エリル

物語最強は怪獣9号でしたね。8号と防衛隊は9号を倒せるのでしょうか?生死のかかった今後の戦いが楽しみです!

ゼリス

最新話ではカフカが新しい技を繰り出しそうな展開に!原作もアニメも見逃せないな!

目次