【鬼滅の刃】カナヲ死亡の最後のシーンは?失明してその後はどうなった?

当ページのリンクには広告が含まれています。
鬼滅の刃【栗花落カナヲ】死亡シーンは?最後は失明してその後はどうなった?.jpg

今回は、【鬼滅の刃】カナヲ死亡の最後のシーンは?失明してその後はどうなった?と題してお届けいたします。

栗花落カナヲといえば、炭治郎たち同期の中の紅一点で、無口だけど実力がある美少女。

鬼滅の刃はかなり死亡者が多い作品で、各キャラが死戦を潜り抜けていますが、カナヲもそのひとりです。

エリル

伊之助と一緒に童磨と戦っていたよね。かなり死闘でしたが、その時は死亡したのでしょうか?

ゼリス

童磨戦以外でのシーンや過去、失明して最後どうなったか、炭治郎との恋愛模様についても解説するぜ!

目次

【鬼滅の刃】栗花落カナヲの最後の死亡シーンは?→死亡しない!

【結論】栗花落カナヲは鬼滅の刃完結まで死亡しません!

最初に結論をお伝えすると、「栗花落カナヲ(つゆりかなを)」は最終回まで死亡することはありません。

そのため、死亡シーンも存在しません。

死亡説の浮上は、上弦の弐:童磨との戦いにおいて、目前で師範を失ったこと、自身も致命傷を負ったことが大きな原因です。

一体、童磨との戦いはどんな壮絶な闘いだったのか?・・・ネタバレも含めて解説していきます。

目前で胡蝶しのぶが上弦の弐童磨に破れる

鳴女により無限城に落とされた胡蝶しのぶは、上弦の弐である童磨の居所に誘い込まれます。

自身の姉「カナエ」のカタキを目前に、怒りをむきだし敵意を向けるしのぶ。

のうのうと会話をしている童磨を遮るように、毒を塗った刀で童磨の左目を刺突しますが、すぐに毒を分解され全く歯が立ちません。

童磨に非力であることを指摘されたしのぶは一瞬で冷気により肺を切られてしまいます。

体を締め付けられ、ボキボキと骨を折られながら童磨に吸収されていき・・・

そこに現れたカナヲは自身の師範が死にゆく様を目前にして、怒りに震えるのでした。

片目を失明しつつも死闘の末に童磨を撃破

カナヲは童磨と戦いますが、力の差は歴然で刀を奪われてしまいます。

絶体絶命のピンチを救ったのが、天井から現れた伊之助です。

ここからは伊之助との共闘となりますが、それでもまだ童磨の方が一枚上手。

しかし、ここで童磨の体に異変が・・・しのぶが自身の体内に仕込んだ毒を大量に摂取したことで顔の一部が溶け出したのです。

すかさずカナヲは自身が生み出した花の呼吸最終奥義である終ノ型「彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」を童磨の頸にめがけて放ちます。

伊之助の助力もあり、刀を童磨の頸に押し込み打ち取ることに成功。

しかし、その代償はあまりにも大きく、「彼岸朱眼」の影響で片目を失明してしまうのでした。

最終戦(202話)で攻撃されるも炭治郎の鬼化を阻止

無惨を倒したと思われたのも束の間、無惨が瀕死状態の炭治郎に取り込み、鬼化してしまいます。

鬼になった炭治郎は欠損した右腕を再生し、本来味方である鬼殺隊員へ攻撃。

禰豆子が炭治郎を必死で止め、カナヲは見えている左目で再度「彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」を使い炭治郎に鬼を人間に戻す薬を注入しました。

炭治郎は無事人間に戻り、カナヲも「全然見えないわけではない」と言っていることから、目が完全に見えないのは右目だけだとわかります。

エリル

「私の目を片方残してくれたのはこの為だったんだね」というセリフには両目の視力を失ってもいいという覚悟を感じますね。

【鬼滅の刃】栗花落カナヲは最後死亡しない!失明してその後はどうなった?

栗花落カナヲは死を免れましたが、右目は失明し左目も多大な影響を受けました。

右目が見えなくなり左目も影響を受けた後、どのように過ごしたのでしょうか。

失明する原因となったことのおさらいと、カナヲはその後どうなったのかを解説します。

カナヲ死亡説になった失明についておさらい

カナヲが右目を失明した原因は上弦の弐「童磨」との激しい戦闘の末、花の呼吸終ノ型「彼岸朱眼」を使ったことです。

また鬼化した炭治郎を助けるためにも「彼岸朱眼」を使い、左目にダメージを受けます。

「彼岸朱眼」は、大量の血液を眼球に集中させることで極限まで動体視力を上げ全てを見切ることができる技です。

この技は目を酷使するため真っ赤にそまり、一度で視力を失うリスクがありました。

胡蝶しのぶから教えられた技ですが、しのぶからも「目が見えなくなる可能性がある危険な技」と警告も受けています。

まさに最終奥義という命がけの技です。

2度の大技使用からカナヲは左目もほとんど見えない状態の視力になりました。

カナヲは最後まで生き残りその後炭治郎と結婚

眼に多大なダメージを受けたカナヲですが、最後まで生き残り余生を炭治郎と過ごしました。

結婚シーンなどは描かれていませんが、炭治郎と二人で桜を見上げるシーンなど穏やかな日々が描かれていることから、幸せな余生を過ごしたのではと推測されます。

また、不死川実弥から伊黒さんの鏑丸を譲り受けたので、きっと、鏑丸が目の代わりとなり日常生活を送れるようサポート役になったのですね。

最終回では、炭治郎とカナヲの子孫と思われる男の子のキャラクター2人が描かれています。

また、善逸と禰豆子や伊之助とアオイの子孫と思われるキャラクターも登場しており、鬼との闘いは御伽草子のように語られていました。

エリル

「痣の発現者は25歳までに死ぬ」と言われていたから、結婚生活は長くはなかったのかもしれないですが、穏やかな気持ちで過ごせたんですね。

【鬼滅の刃】栗花落カナヲと死亡したしのぶやカナエとの関係性

栗花落カナヲと死亡した胡蝶姉妹の間にはそれぞれに深い関係性がありました。

実の姉妹ではないものの、特にしのぶとの関係性は姉弟以上です。

具体的にエピソードも踏まえて、3者の関係性を解説していきます。

胡蝶しのぶとは継子と師範の関係

カナヲと胡蝶しのぶは師弟関係(継子と師範)です。

継子とは、若手で鬼殺隊柱から直接指導してもらえる隊士のこと。

当初カナヲは鬼殺隊に入隊するつもりはありませんでしたが、蝶屋敷で家事や治療ができなかったため入隊を決めました。

カナエの「花の呼吸」をマネて使ったところ意外にもうまくできたため、最終戦別へ一人で出向き通過。

その後は、「胡蝶しのぶの継子」として鬼殺隊の任務についています。

しのぶのことを「師範」と基本的には呼んでいますが、「しのぶ姉さん」と呼ぶシーンがあることから、姉のように慕っていたこともうかがえます。

胡蝶カナエは義姉妹で名付け親

カナヲと胡蝶カナエは義姉妹であり、カナヲの名付け親です。

カナヲが人身売買で売られているところを見た胡蝶姉妹が、なかば強引に買い取りました。

この時最初にカナエがやさしく話しかけています。

名付けの由来には「エ」が「ヲ」に置き換わっていることから「えがお」という遊び心が隠されているようです。

幼少の頃に虐待を受け、自分で考えて動けなくなったカナヲにカナエは「一人の時はこの銅貨を投げて決めたらいいわよ」と銅貨を渡しました。

この行動からもうかがえるように、カナヲを大切に思い可愛がっていました。

ゼリス

しのぶも自身が死んだ後のカナヲを心配しているシーンがあることから、大切に思っていたとわかるな。

【栗花落カナヲ】キャラクター解説!年齢や過去,目がいい理由は?

名前(よみ)栗花落カナヲ(つゆりかなを)
年齢16歳
身長152cm(9巻辺りより156cm)
体重初登場44kg(9巻辺りより46kg)
好きなものアオイが作ったもの全部、ラムネ
呼吸花の呼吸
弐ノ型「御影梅(みかげうめ)」
肆ノ型「紅花衣(べにはなごろも)」
伍ノ型「徒の芍薬(あだのしゃくやく)」
陸ノ型「渦桃(うずもも)」
終ノ型「彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」
特徴視力がいい

栗花落カナヲは竈門炭治郎・我妻善逸らの同期の隊員で「花の呼吸」の使い手です。

ちなみに、原作漫画では5種類の呼吸技が登場しますが、壱ノ型と参ノ型は登場していません。

カナヲが壮絶な過去!目がいい理由は・・・

カナヲは生まれつき目が良かったわけではなく、幼少期に理由はありました。

幼少期にとても貧しい生活を送っており、実の両親から殴る蹴るといったひどい虐待をうけて育ちます。

子どもの中には虐待で亡くなった子もいましたが、カナヲは暴力を振るう人をしっかりと見ることで急所を外し生き延びてきました。

その結果、優れた動体視力と反射神経を身に着けたのです。

炭治郎に触れ徐々に心を取り戻す

虐待を受けた幼少期に「頭の中でぷつんと音がして何もつらくなくなった」カナヲですが、炭治郎と出会い徐々に心を取り戻します。

炭治郎は蝶屋敷で治療と特訓を受けており、カナヲも特訓で関わっていました。

持ち前の明るさで歩み寄る炭治郎ですが、カナヲは自分で何も決められないのでなかなか会話ができません。

コイン投げで選択を決めていることを聞き、炭治郎が勝ったら「心のまま生きる」という賭けをして見事勝利。

その際に炭治郎は「がんばれ!人は心が原動力だから」という言葉を投げかけます。

これがきっかけとなり、徐々に感情を出せるようになりました。

エリル

ひどい虐待で感情が出せなかったカナヲをコインで賭けをして救う炭治郎!そのコインを大切に胸に当てているシーンからきっと恋が始まったのですね。

【鬼滅の刃】カナヲ死亡の最後のシーンは?失明してその後はどうなった?|まとめ

この記事では「【鬼滅の刃】カナヲ死亡の最後のシーンは?失明してその後はどうなった?」をお届けしました。

ここで、今回の記事を簡単にまとめます。

本記事のまとめ
  • 鬼滅の刃・栗花落カナヲは死亡しないが最後に失明する
  • 原因は花の呼吸終ノ型彼岸朱眼を使用したためだった
  • 鬼との闘いが終わったその後は穏やかな日々を炭治郎と送った
エリル

死亡シーンがなくてよかった・・・右目が見えなくても鏑丸のおかげで支障なく日常生活を送れていたみたいですね。

ゼリス

そうだね。つらい幼少期を過ごしたから、鬼がいない世界で炭治郎と穏やかな日々をすごし、子孫も残せていてよかったな。

目次