転スラ最終回ひどい?ネタバレ原作から結末がどうなるか解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
転スラ最終回ひどい?ネタバレ原作から結末がどうなるか解説!

今回は、転スラ最終回ひどい?ネタバレ原作から結末がどうなるか解説!と題してお送ります。

2013年に小説家になろうでに投稿されたことで話題になり、ラノベ化、コミック化、アニメ化と数々のコンテンツで人気の転スラこと「転生したらスライムだった件」。

転生したら最弱のスライムに生まれ変わってしまった主人公が、スキルを取得して成長し異世界で街を作る物語です。

web版では、一部のネット上では転スラの最終回がひどいという感想も多く見うけられました。

この記事では、転スラ最終回がひどいと噂される理由を検証していきます!

エリル

弱々のスライムがどれほど強くなるのか楽しみに見ていますが、原作のラストはどうなるのでしょうか?

ゼリス

ひどいと言われる真相とをネタバレ含めて解説していくぜ!

目次

転スラ最終回がひどいと言われる理由4選

転スラの最終回がひどいと言われる理由は、夢オチ展開、タイトル回収、ご都合主義、アニメ1期の4つです。

web版と他のコンテンツは内容が大きく変更されているので結末も変わる可能性は十分にあるでしょう。

原作の結末がひどいと言われるそれぞれ4つの理由を解説します。

エリル

原作は、読者の勘違いからひどいと言われてしまっている節もありますね…。転スラはそれぞれのコンテンツで若干違ったストーリーが楽しめるのも魅力ですね!

ゼリス

ラノベ化する時に大きく修正する必要があって、原作との整合性がとれなくなってきたから原作をプロットと捉えるようにしたと原作者が行ってるみたいだ。

①夢オチに見える展開

最終回が、夢オチ的な展開で打ち切りのように終わってしまったことがひどいと言われている大きな理由の一つです。

結論から言うと、最終回は夢オチではありません!

主人公リムルの前世である三上悟が、意識を取り戻した後に夢を見ていたかのように語り出したシーンが夢オチだと言われています。

しかし、実際はリムルが多重並列存在のスキルを使用した結果であり、三上の視点だと、夢を見ていたような表現だったために夢オチと揶揄されていたのです。

終盤に向けて話が複雑になってきたので、かいつまんで読んだ読者が「夢オチか」と勘違いしたと思われます。

エリル

夢オチは手塚治虫がタブーにしたと言われてるので批判が多くなるのもしかたないですが、ちゃんと読めばそうでないことは分かりますね!

ゼリス

夢オチ、俺たたエンドはひどいと言われる最たる理由だからな。とは言え転スラは自然な形でゆっくりとラストを向かえた印象だな!

②タイトル回収が強引

三上の最後のセリフによってタイトルが回収されましたが、夢オチと合わせてその回収が少々強引に感じられひどいと言われています。

病院で意識を取り戻した三上は、異世界に行っていたと話し「俺が転生したらスライムだった件について」というセリフで物語が終わり、タイトル回収となりました。

最終回の最後のセリフでタイトル回収されるありきたりな結末が、人気作品ゆえに読者に物足りなさを感じさせたのでしょう。

エリル

無理やり感があると言われているんですね。セリフにしたので芝居くさい感じがして違和感があったのかも?

ゼリス

だがタイトル的に最後のセリフになって回収されるのは容易に想像できるから、予想が当たったくらいで楽しむのがいいな!

③三上悟の復活方法が都合良すぎる

リムルによって三上は生き返りましたが、その方法がご都合主義と揶揄されています。

全員がハッピーエンドで終わるように多重並列存在というチートスキルを取得して円満に終わったことが都合良すぎてつまらないと批判の声があります。

三上の死に至るほどの傷を回復薬で治し、記憶の一部を移して復活させる能力が、最終回のために仕向けられたように感じられ一部から不満があったのです。

しかし、歴戦を経てリムルは強くなっているのは確かで、チートスキルと言われている多重並列存在も結末以前に使用していたので必ずしも締め括り用に作られた設定ではないと言えます。

さらに三上が生き返りを果たしたのもリムルはこれまでにシオンなどに死者蘇生を成功させています。

三上が簡単に復活したことへの批判が、最終回のシナリオ全体の批判へと発展してしまったのでした。

エリル

リムルのスキルはちょっとずるいと思ってしまいましたが、それだけ強くなったということですよね!

ゼリス

そうだな!三上は復活、リムルも異世界で幸せに暮らしてハッピーエンドだが、通り魔だけは不憫な結末だな…。

④アニメ1期最終回の総集編がひどい

原作だけでなくアニメ1期の最終回もひどいという噂がされています。

人気な作品なのでそれぞれのメディアでのファンが多く、アニメは特に注目度が高いことから期待に添えない結末に批判が相次ぎました。

アニメに関しては内容ではなく作画がひどいと言われ、さらには最終回の総集編が不要だったとの声が多いです。

また物語の最後もヒナタの後を引くような気になる発言をして終わったことへもキリの悪さに対する不満がありました。

web版の悪評が尾を引いているようにも見えますが、アニメ版は全体を通して評判があまりよくない印象です。

エリル

1期終了時点で2期の制作は発表されていなかったので余計にここで終わり!?みたいな反応が大きかったですね。総集編も会話ばかりで疲れてしまう印象でした。

ゼリス

2期もストーリー上仕方ないが会議ばかりで動きがないと不満があり、3期は作画が崩壊しすぎてるのとテンポの悪さが目立っていたな…。

転スラ最終回ネタバレ!原作結末はどうなる?

最終回はラスボスを倒した後のリムルたちのエピローグです。

結末がひどいとの声が相次ぎましたが、理解して読むと丁寧にタイトルも回収されて納得感のあるラストです。

web版の最終回をネタバレ解説していきます!

エリル

転スラは通り魔事件で死んでしまった主人公が異世界に転生するお話。RPGで最も弱いスライムに転生してしまいましたが、大賢者と捕食者という強いスキルを持つスライムだったのです。

ゼリス

大賢者は冒険をサポートするスキルで、捕食者は他人の能力を自分のものにできるスキルだ!この時点で十分チートだな…。

ラスボスユウキと死闘の末にリムルが勝利

最終回では世界征服を目的とするユウキとの死闘の末にリムルが勝利します。

異世界にくる前のユウキは普通の少年でしたが、事故で家族を失い社会に失望し政治家になりました。

異世界に来た後は、カザリームを支配し、なんでも屋を称しながら悪計をはかる中庸道化連のボスになります。

ユウキは目的のために暗躍し、リムルに多くの敵を仕向けましたが、最終的に2人は戦いリムルが勝ちました。

壮絶な戦いの末にユウキを虚数空間に閉じ込め平和な世界が訪れたのです。

エリル

ユウキは異世界から召喚された日本人で、シズさんの弟子でしたね。

リムルが転生前に転移し三上悟を助ける

ユウキとの戦いの後、転生前の世界へ移動したリムルは、生前の姿である三上の死に直面しました。

通り魔から後輩を庇って死亡する運命だった三上に回復薬を使い傷の治療をします。

その後、リムルは自分の記憶の一部を三上に移して異世界に戻ったのです。

ゼリス

通り魔はディアブロによってとんでもない目に合うんだ。

リムルの多重並列存在により三上に意識分割

リムルは多重並列存在というスキルを使用して三上に自身の記憶の一部を移しました。

多重並列存在とは、自分自身を複製するようなスキルで、死に瀕していた三上に使用する事でリムルの分身を三上の体に移し生き返らせる事が可能。

その後、元の世界では、三上は無事に生き返りを果たしました。

エリル

これがチートと言われるスキルですね!このスキルによって三上にスライムの記憶が宿ったわけです。

三上が目覚め異世界の経験を語り出す

リムルによって蘇生された三上が病床で意識を取り戻します。

リムルによって仕込まれたスライムの記憶が、夢を見ていたようにぼんやりと浮かびました。

見舞いにきた後輩に、異世界に行ってたら信じるかと問いかけ、「俺が転生したらスライムだった件について」とリムルが体験したスライムの記憶を語るのでした。

エリル

ここが夢オチと誤解されたポイントです。

ゼリス

三上的には夢を見ていた感覚だが、リムルが異世界で生存しているから夢オチではないんだな!

転スラ最終回web原作,マンガ,アニメはいつ?

転スラはweb版が2014年7月に249話で最終回を向かえました。

マンガ、アニメの最終回は以下のように予想します。

  • マンガは2033年70巻で完結
  • アニメは2035年で完結(これまでのペースだと2050年)

2024年6月時点でのマンガとアニメの進捗は原作の半分ほどです。

マンガは1年間で3巻の新刊が出るペースなのであと10年ほどかかり、2033年ごろに70巻程度で完結するでしょう。

ストーリーの進捗はかなりゆっくりなので、気長に待ちましょう。

アニメは最後まで制作すると仮定し、現状のペースを考えると完結は2050年ごろになってしまいます。

2024年4月に3期が始まり、内容はラノベ版で7巻、マンガ版で19巻までの内容になっています。

3年に1回2クールで制作されているので完結まで10期ほどかかると見込んで最後までやるとして2050年ごろに最終回を向かえるてしょう。

とはいえ、2050年は流石に先の未来すぎるので、劇場版で原作の内容を放映するなど工夫をすれば、2035年くらいには完結するのではないでしょうか。

アニメに関してはテンポも遅いので最後まで制作するか怪しく、途中でストップする可能性もあります。

エリル

ラノベ版は2026年くらいに24巻で完結ですかね?

ゼリス

それぞれで内容も変わってくるから結末もどうなるか楽しみだな!アニメはキリのいい所までやってくれれば十分だ!

転スラ最終回ひどい?ネタバレ原作から結末がどうなるか解説!|まとめ

今回は、転スラ最終回ひどい?ネタバレ原作から結末がどうなるか解説!と題してお送りしました。

これまでの内容を簡単にまとめます。

本記事のまとめ
  • 転スラ原作の最終回がひどい理由は夢オチ的展開と雑なタイトル回収にある
  • ラストのネタバレ!リムルが三上を救いスライムの記憶を一部移したことで夢オチ的な展開になった
  • 転スラマンガの最終回は2033年70巻、アニメは2035年までかかると予想!
エリル

漫画の終わり方がどうなるのか気になりますね!

ゼリス

漫画もアニメも終わるまで時間があるから気長に楽しもう!

目次